後払い系電子マネー

先払いより資金繰りに優れている

資金繰りといえば、会社の経理担当者が苦労するイメージがあるかもしれません。でも一般家庭や一般の人も資金繰りは大事です。資金繰りは、支払いなどに合わせてお金を準備する作業で、先に払うほど生活がつらくなり、後に払うほど生活が楽になります。電子マネーには先払いタイプと後払いタイプがあり、先払いタイプは使う額以上のチャージが必要です。資金繰りの面でいえば厳しい仕組みです。後払いタイプは、支払うときにお金は不要です。クレジットカードと紐づけされていて、支払いはクレジットカードの決済日まで伸ばせます。買い物をして物は手元にあるのに、支払いを数日から1カ月近く伸ばせます。わずかな差かもしれませんが、その分生活が楽になります。

クレジットカードよりも利用しやすい

後払いの電子マネーは、支払いのタイミングから言えばクレジットカードとほぼ同じです。それならわざわざ作らなくてもいいと思うかもしれません。クレジットカードはキャッシュレスで便利に感じますが、結構面倒な時もあります。まず店員に渡さなくてはいけません。又サインを求められる時があり、これも面倒です。後払いの電子マネーは、先払いの電子マネー同様に機械にカードをタッチするだけで支払いを完了できます。店員に渡す必要もなく、サインも必要ありません。先払いの電子マネーは、グループ会社でしか使えないものが多いです。後払いの電子マネーは先払いで使える店よりも多いです。ポイント制度もあるので、ポイントを貯める楽しみもあります。